ぶどうの育て方!初心者の家庭菜園

瀬戸ジャイアンツ

瀬戸ジャイアンツの産地は岡山県です。このブドウの特徴は、まるで蜂蜜のような強い甘みと果汁がたっぷり含まれていますので、口に含んだ途端、ブドウの美味しい果汁が口いっぱいに広がります。

ecom03.jpg味もよいので万民に好まれます。瀬戸ジャイアンツの名前の特徴は、野球好きの品種改良者が交配に成功したことにより、このブドウの名前が付けられました。
糖度がとても高いため、他のブドウに比べると、手間と時間がかかりますが、育てがいのあるブドウでしょう。
収穫時期は8月から10月頃で、種まき、植え付けは11月から2月に行うようにしましょう。
葉がついている3月から10月の時期は、根を崩さないようにして、優しく植え替えを行う必要があります。落葉時期の11月から翌年の2月は、植え替えに適した時期です。この時期に根をいじっても、上手に育てていくことができます。根はやさしく取り扱いをするようにしましょう。果樹の支えになる支柱を取り付けて、枝が倒れないようにして守ってあげるとよいでしょう。また余分な枝があると、養分を取られてしまうため、余分な枝は切り落とし、虫がつかないように毎日、観察しながら育てていきます。
土は観葉植物用の用土を使用して育てていきます。日当たりがよく水はけのよい場所を選んで育てると、上手に育てていくことができるでしょう。
ブドウの実を守るために、果実がつき始めたら、袋掛けを行い育てていきましょう。袋掛けを行うことによって、害虫や雨風から守ることが出来ます。枯れた葉があれば、こまめに取り除きながら育てていきましょう。
梅雨の時期に注意したい病気は、黒とう病や晩腐病です。ブドウの実が腐ってしまったり、実が落ちてしまったりするので注意が必要です。ブドウの実につきやすい外注にはブドウトラカミキリ、ブドウスカシバなどがありますので、実がつき始めたら、袋をかぶせて害虫から守ってあげましょう。毎年、ブドウの実を楽しむことが出来、ツルはどんどん伸びていきますので、カーポートなどに広げながら、育てていくことも出来ます。



コメントする