ぶどうの育て方!初心者の家庭菜園

マスカットベリーA

マスカットベリーAは粒にハリがあり、全体的に色は黒っぽいブドウです。特徴は味はみずみずしく甘みがあり、そのまま食べても美味しいし、ワインの原料にもなります。
粒の大きさは5gから7gぐらいの中粒で、日持ちのよいブドウです。

ecom05.jpg
産地は山梨県、兵庫県、広島県などで取れ、紫黒色の品種で、収穫時期は8月下旬から10月上旬まで、収穫のピークは9月ぐらいですので、9月ぐらいになるとスーパーの店頭で並び始めることでしょう。
育て方は、鉢植えで育てる方法と、畑で土に入れ替えて育てる方法があります。日当たりのよい場所に植え、1つの枝に1房を目安に、摘果して育てると味も質もよくなります。
植え付けをする際は、水を張ったバケツの中に、しばらく根を浸してから行いましょう。苗木を支えながら、土を周りに入れていき、手で土を押さえて苗木を固めてから、支柱をつけていきます。肥料を振りかけて、土をかぶせます。地際から40cmぐらいで、主幹を剪定します。
植え替え後は、水を十分に与えましょう。植えつけは11月から翌年の2月までに行い、根を軽くほぐしてから、植えていきます。3月から6月、9月から10月の植え付けは、根を崩さないようにして、乾かしてから植え付けを行いましょう。夏に植え付けをする場合は、根を崩さないように優しく植え付け、毎日、水を与えるようにして根を枯らさないようにしましょう。
肥料の与え方は露地栽培の場合は2月に与え、鉢植え栽培の場合は1ヶ月に1回肥料を与えます。
ブドウは過湿を嫌うため、水はけのよい場所に植えるようにしましょう。天候によって出来上がりが違いますので、雨の多い時期は水やりを控えるようにしましょう。
苗木から育てる場合、1年目の夏はまだ葉とツルだけが長く伸びていきます。2年目の夏にようやくブドウの実が生りますので、それ以降は、毎年、美味しいブドウを収穫し続けることができるでしょう。夏に果実がよく生った枝をよく見ておき、その枝を残して余分な枝を切り取るようにすると、次の年も出来の良いブドウを収穫することができます。



コメントする