ぶどうの育て方!初心者の家庭菜園
ホーム > 初心者でもできるブドウの種類

初心者でもできるブドウの種類:記事一覧

タノレッド

タノレッド

タノレッドは幻のぶどうとも言われており、産地は新潟県です。幻のぶどうと言われるのには理由があり、産地である新潟県でしか手に入れることができにくいからです。実がとても柔らかく、果汁も多いのでとてもジューシーなぶどうです。 ぶどうの花が咲くのは6月から7月ぐらいで、収穫時期は8月上旬から9月までです。仕…

ピオーネ

ピオーネ

ぶどうのピオーネは、巨峰とカノン・ホール・マスカットをかけ合わせて出来た品種です。色は巨峰のように濃い紫色で、大粒なのが特徴です。味はマスカットとのかけ合わせから、爽やかな香りが漂います。甘味が強くて、酸味とのバランスのとれた人気のぶどうです。 巨峰よりも日持ちがしやすくいのが良い点です。産地は、1…

スチューベン

スチューベン

スチューベンは、アメリカのニューヨークで作られたブドウの品種です。 「ウェイン」と「シュリンダン」という品種を交配させて作った品種で、日本でも作られています。 スチューベンは寒冷な気候に適していて、暖かい地方で栽培することは難しく、ニューヨークと同じくらいの緯度にある青森などの東北地方を中心に栽培さ…

安芸クイーン

安芸クイーン

安芸クイーンは1993年に巨峰の中から実が巨大で赤みが強いものを選び品種改良されたブドウです。原産国は日本で原産地はその名の通り、安芸の国、広島県は東広島市安芸津町です。但し現在の主な産地は岡山県や三重県の方が主体となっています。栽培面積順では岡山県、三重県、広島県の順番となっています。 安芸クイー…

巨峰

巨峰

巨峰は、日本原産の食用ブドウ品種の一つです。 正式な品種名は「石原センテニアル」といい、大井上理農学研究所の大井上康氏によって石原早生とセンテニアルを交配させたブドウになります。 1945年に発表され1955年に「巨峰」の名称で商標登録されています。 多汁で、濃厚の甘さの中にも爽やかな酸味のきいた絶…

マスカットベリーA

マスカットベリーA

マスカットベリーAは粒にハリがあり、全体的に色は黒っぽいブドウです。特徴は味はみずみずしく甘みがあり、そのまま食べても美味しいし、ワインの原料にもなります。粒の大きさは5gから7gぐらいの中粒で、日持ちのよいブドウです。 産地は山梨県、兵庫県、広島県などで取れ、紫黒色の品種で、収穫時期は8月下旬から…

大粒ぶどう天山

大粒ぶどう天山

「天山」の特徴はなんと言ってもその大きさです。房から取れる薄い緑色をした一粒が、子どもの片手のひらでは収まり切らない、卵ほどの大きさをしています。 それ一粒がそのような果物としてそれぞれ木に成っていると言われても信じてしまいそうな大きさです。一口ではとても食べきることはできず、皮ごと食べられる高級ぶ…

瀬戸ジャイアンツ

瀬戸ジャイアンツ

瀬戸ジャイアンツの産地は岡山県です。このブドウの特徴は、まるで蜂蜜のような強い甘みと果汁がたっぷり含まれていますので、口に含んだ途端、ブドウの美味しい果汁が口いっぱいに広がります。 味もよいので万民に好まれます。瀬戸ジャイアンツの名前の特徴は、野球好きの品種改良者が交配に成功したことにより、このブド…

シャインマスカット

シャインマスカット

シャインマスカットは、果皮の色が黄緑または黄白、果粒の形が短楕円で大粒のブドウの品種です。 「安芸津21号」と「白南」という品種を交配させたものになります。 特徴は皮ごと食べられるということで、味は甘味が強く皮に渋みもなく、皮がパリッとした食感でマスカット特有の香りがあり、種もないため食べやすいこ…

ピッテロビアンコ

ピッテロビアンコ

ピッテロビアンコはイタリア又は北アフリカが原産と言われており、古くからその周辺で栽培されてきたぶどうです。一般的なぶどうの形と異なり、細長く女性の指先に似た形状から「レディーフィンガー」と言う別名を持っています。 色はマスカットのような黄緑色ですが、皮が非常に薄く剥いて食べることが困難で皮ごと食べる…

1