ぶどうの育て方!初心者の家庭菜園
ホーム > ぶどうの仕立て方 > オシャレなぶどう栽培ならトレリス仕立て

オシャレなぶどう栽培ならトレリス仕立て

ぶどうを育てるためには、いろいろな仕立て方があるのですが、トレリス仕立てはオシャレなぶどう栽培を演出できます。
トレリスとは、ワイヤーフレームになったもので、そこにツルを這わせて育てていく栽培法なのですが、この栽培法は、バラなどの観賞用の花でよく見かけます。例えばバラを仕立てていくと、見栄えもよく美しい外観に仕上がります。


ぶどうの場合、バラと同じつる科の植物で、ぶどうの葉は大ぶりになるので日陰や目隠しにもなりますし、節間も伸びやすいという特徴がありますので短期間で仕立ていくことが可能です。


昔からあるぶどうの仕立て方には、棚仕立て、棒仕立て、垣根仕立ての3種類の仕立て方が一般的ですが、広い土地をお持ちで、栽培スペースに余裕があれば、竹や木、針金、支柱を使用して、網の目で棚を作り、ぶどうの枝を誘引する棚仕立てという方法がありますが、家庭では限界があります。

ぶどうは成長すると大量の葉をつけるため、かなりの重量になりますので、棚は出来るだけ丈夫に壊れないように、あらかじめ作っておくとよいでしょう。

仕立ては、ぶどうが地面に着かないようにするために行うものですので、環境に合わせて仕立て方法を選ばれるとよいでしょう。



コメントする