ぶどうの育て方!初心者の家庭菜園
ホーム > ぶどうの仕立て方 > ぶどうの栽培は、鉢植えがいい?

ぶどうの栽培は、鉢植えがいい?

ぶどうの栽培は、鉢植えでもすることができます。その最大のメリットといえば、やはりコンパクトに育てられることでしょう。ベランダや庭のスペースをほとんど必要とせず、どこに置くべきかという悩みが出にくいのが嬉しいポイントです。更に鉢植えは簡単に持ち運べますから、たとえば悪天候が予想される日や誰か急な来客があって移動させなければならないときでも、手軽に動かすことができるのです。女性1人でも、問題なく育てることができるでしょう。
また植え付けのときはやや大変ですが、以降はあまり水遣りなど頻繁な配慮が不要なところもメリットです。ぶどうは水分が多いと品質が落ちるため、もともとそこまで多量の水分を与えません。鉢植えでも土の表面が乾いていたら軽く与える程度で構いませんから、状態の確認に神経質にならなくていいのです。有機肥料を与えるペースも1ヶ月に1回程度ですから、栽培初心者にも挑戦しやすいと言えるでしょう。
他には、収穫のときの楽しみがあります。鉢植えではあまり多くの房を収穫できるわけではないものの、持ち運びの簡単さも相まって室内で気軽に収穫ができます。そのため、家族でプチぶどう狩りをしたりということもできるわけです。特に小さい子どものいる家庭では、喜ばれるでしょう。友人を招いてワイワイというのも、いいものです。これは鉢植え栽培でしか実現できない楽しみ方ですから、実際に育てることになれば是非やってみましょう。



コメントする