ぶどうの育て方!初心者の家庭菜園
ホーム > ぶどうの仕立て方

ぶどうの仕立て方:記事一覧

オシャレなぶどう栽培ならトレリス仕立て

ぶどうを育てるためには、いろいろな仕立て方があるのですが、トレリス仕立てはオシャレなぶどう栽培を演出できます。トレリスとは、ワイヤーフレームになったもので、そこにツルを這わせて育てていく栽培法なのですが、この栽培法は、バラなどの観賞用の花でよく見かけます。例えばバラを仕立てていくと、見栄えもよく美し…

庭に余裕があるならパーゴラ仕立てで。

ぶどうが実っている様子を目にしたり想像してみるとわかりますが、メロンやスイカのように地面と設置しているのではなく、高い位置からぶら下がっているような様子になっています。山ぶどうをはじめとする自然に育った物に関しては、他の木などを支えとして利用して絡みつくような環境を自らが作り出して垂れ下げています。…

垣根仕立てでも収穫が期待できる

美味しいぶどうを作るためには、ぶどうを仕立てなければいけません。ぶどうを仕立てるには理由があり、ツル性の植物であるため、そのまま放置しておくと、地面を張ってしまうため、陽が当たらず、ぶどうの品質が落ちてしまうからです。そこで品質の高いぶどうを育てるために、ぶどうを仕立てる必要があります。棚仕立てとい…

行灯仕立てなら狭いベランダでも可

行灯仕立てなら狭いベランダでも可

つる植物は通常自分で好きなように伸びて茂っていくと思われがちですが、中でもぶどうは少し違っていて、人の手でうまく誘引してあげる必要のあるつる植物です。ぶどうの巻きヒゲは触れたものにすぐに絡みつきますので、路地植えに比べて鉢栽培においては、より適切な誘引が必要となります。 スペースの問題によりコンパク…

露地栽培におけるデメリット

ぶどうを栽培するときは、露地栽培とビニールハウスなどで温度や湿度を管理されて育てられるハウス栽培の方法があります。それぞれのメリットやデメリットがありますが、露地栽培におけるデメリットは、温度や湿度などの管理が当然ながらできませんから、天候に左右されやすくなります。毎年同じような天気が続くわけではな…

ぶどうの栽培は、鉢植えがいい?

ぶどうの栽培は、鉢植えでもすることができます。その最大のメリットといえば、やはりコンパクトに育てられることでしょう。ベランダや庭のスペースをほとんど必要とせず、どこに置くべきかという悩みが出にくいのが嬉しいポイントです。更に鉢植えは簡単に持ち運べますから、たとえば悪天候が予想される日や誰か急な来客が…

1