ぶどうの育て方!初心者の家庭菜園
ホーム > ぶどうの育て方

ぶどうの育て方:記事一覧

ブドウを育てる上で袋かけを行うことは必須

ブドウを育てる上で袋かけを行うことは必須といえます。袋かけが必要な理由としては果実を鳥や虫に食べられないようにするということがあり、他には農薬が直接果実にかからないようにする、雨や風によって果実が落ちないようにするといったことが挙げられます。袋がけを行うタイミングは摘粒作業終了後の7月下旬から8月上…

ブドウの病気は晩腐病、灰色かび病、べと病、黒とう病

ブドウの病気は晩腐病、灰色かび病、べと病、黒とう病

ブドウがかかりやすい病気には、晩腐病や灰色かび病、べと病、黒とう病などがあります。晩腐病は果実に被害が出ることがほとんどで、シワが生じてミイラ果となってしまいます。晩腐病は様々な品種に見られます。灰色かび病はその名の通り、花穂や葉、果実などに灰色のかびが生じる病気のことをいいます。灰色かび病は低温で…

ブドウの基本的な剪定は3芽を残して切り落とし

ブドウ栽培というと、難しそうなイメージがありますが、自宅のベランダにある鉢植えでも育てられることから、上手に育てて自宅でブドウ狩りを楽しんでいる人もいます。ブドウは雨が少なく温暖な気候を好み、石灰分のある土が栽培に適しています。ブドウに限らず果樹栽培には剪定が必要です。剪定せずにいると果実の個数が増…

ジベレリン処理で種無しぶどう

ぶとうの栽培時に、栽培者によって、される処理の一つが、ジベレリン処理です。ジベレリン処理とは、ジベレリンと呼ばれる、植物の老化抑制や種子の発芽の促進、休眠打破、細胞伸長の促進といった働きをする植物ホルモンの一種を溶液に溶かし、浸漬や噴霧散布という形で、植物につけます。そうした作業を行うことで、果実の…

基本的な剪定方法

山々などの緑が濃くなり始めた夏頃から着手されるのがぶどうの芽かき剪定という作業であり、それは多数見受けられるようになってきた新芽に目を向け、全体的な状態を見つつ不要な芽を取り除いていく事です。育成のペースやサイズを同一にすることにより、それぞれを同じ風味にさせられるようになるため小さな手順であっても…

植付けと肥料について

植付けと肥料について

家庭でぶどうを植付けて、ぶどう狩りを楽しみたい......という人もいらっしゃるでしょう。ぶどうはツル性で、落葉もあまり遅くありません。部屋から果実を観賞できることもあり、テラスの日よけとしてもピッタリです。家庭で栽培するなら、米国種の中から品種を選ぶと良いと言われています。 では実際どのように植付…

ぶどうの根域制限栽培

ぶどうの根域制限栽培

ぶどうの根域制限栽培は、根の範囲を制限することで、水や肥料を効率的にぶどうに与え、糖度を高め、着色を向上させる栽培方法です。 根の範囲が制限されるため、果樹を整列させることができ、せん定や袋掛け、肥料投与、収穫などの栽培管理を効率的に行うことができます。肥料がむだなく取り込まれるため、糖度や着色度が…

1