ぶどうの育て方!初心者の家庭菜園
ホーム > blog > シャインマスカット 買い方やレシピ、育て方

シャインマスカット 買い方やレシピ、育て方

シャインマスカット 買い方

■シャインマスカットは皮ごと食べられることから、子供や高齢者まで人気が高いフルーツです。そのため生産者が増えたことによって出荷量も増え、以前と比べてスーパーなどでも手に入りやすくなりました。ただお得に購入したいという場合は、シャインマスカットの生産地や農家から直接購入する方法があります。贈答用の他に、自宅用としてリーズナブルな価格で買うことができます。その他に果物屋さんや百貨店、通販ショップでも購入が可能です。

シャインマスカット 値段

■今人気のぶどうシャインマスカットは、皮が薄く、種無しで、そのまま食べることが出来る嬉しいぶどうです。甘いので子どもも大喜びです。シャインマスカットの値段は、1キロ2000円くらいで販売されていますが、箱に入って販売されている事が多いので、2キロ箱で4000円位で販売されています。シャインマスカットは白ぶどうと呼ばれていますが、実際は黄緑色をしています。でもより美味しい物を選ぶには、なるべく黄色に近いものを選ぶことです。

シャインマスカット カロリー

■シャインマスカット一房のカロリーは約180kcalとされており、これはおにぎり約1個分くらいに相当します。ぶどうの王道である巨峰のカロリーが約191kcalなので、巨峰と比較してもシャインマスカットはカロリーが少し低いことが分かります。1粒のカロリーも他のぶどうなどに比べて低いので、カロリーを気にしている人でも美味しく食べられる果物といえます。また、シャインマスカットは糖度20度以上を超える甘さとなっているので、甘いものは食べたいけどカロリーは抑えたいという人にもおすすめの果物となっています。

シャインマスカット 保存方法

■美味しいシャインマスカットを長く楽しむためには、正しい方法で保存することが大事です。乾燥が大敵ですから新聞紙やビニール類で包むようにします。その上で冷暗所や冷蔵庫の野菜室に保存すると、数日以内であれば問題ありません。冷凍する際には1粒ずつ切り離すようにします。ここで軸を少しだけ残しておくことがコツです。袋に入れて凍らせておけば1か月程度は味わえます。夏場の冷たいデザートとしても年齢問わず好まれますから、常備している人も少なくありません。

シャインマスカット 旬な時期

■シャインマスカットは、案芸津21号と白南が掛け合わされた緑色の品種のブドウで、大きさは巨峰と同じ位です。シャインマスカットが市場に出回る時期は、7月から12月です。旬な時期は生産地によっても異なりますが、最も生産量の多い長野県では10月、次いで生産量の多い山梨県では8月と9月、第3位の岡山県では8月と9月になっています。総合的に考えると、シャインマスカットの旬な時期は、8月から10月と言えるでしょう。

シャインマスカット 食べ方いろいろ

■ 近年人気の高いシャインマスカットは、皮が薄くて柔らかいので、むかずにそのまま食べられる美味しい葡萄です。軽く洗った後冷蔵庫で程よく冷やし、1粒ずつそのまま頂くのが最も手軽で美味しい食べ方ですが、その美しさ・香りのよさを活かし、手作りお菓子に利用するのもオススメです。ケーキやパフェに飾り付ければ、見た目・味ともにさらに満足いく仕上がりとなるでしょう。  また、少々お高めな果物ですから、一気に全て食べてしまうのはもったいないと感じる人もいると思います。そんな時はジッパー付きの保存袋で房から外したシャインマスカットを冷凍してください。高級なシャーベットのような美味しいデザートがいつでも食べられますよ。"

シャインマスカット 栄養

■シャインマスカットは、種がなく皮ごと食べられます。他のぶどうよりも糖質が高いので、甘くて美味しいです。糖質の他にはビタミンB1やB6などのビタミン類、カリウムや銅、マンガンなどのミネラルが含まれています。

消化吸収に優れている果物なので、疲労回復に良いです。抗酸化作用が強いので、アンチエイジングなどの効果があります。シャインマスカットは糖質が多く含まれているので、糖尿病の人などは食べ過ぎないようにしましょう。

シャインマスカット 苗木の入手方法

■シャインマスカットの苗木は、インターネット通販などでも入手することができ、果樹苗木を専門に取り扱っているお店もあるので、そういった場所で入手することがおすすめです。自分自身もそういうお店で入手したことがありますが、専門店であれば分からないことがあっても電話やメールでしっかり相談に乗ってくれますし、入手後の育て方のアドバイスまでしっかりサポートしてくれるので、とても安心です。入手を考えてる人は、まず果樹苗木の専門店に相談しておけば失敗はないです。

シャインマスカット 育ててみる

■シャインマスカットはブドウの品種の一つで安芸津21号と白南を交雑して生まれた品種で果実を皮ごと食べられる新感覚のマスカットとなっています。シャインマスカットはパリッとした皮の歯応えとジューシーな甘み、そして上品な香りが特徴となっており手を汚さずに食べる事が出来ます。 シャインマスカットを育てる場合には日当たりや風通しの良い場所に置き、鉢植えで育てる場合には日当たりの良い軒下などが最適となっています。"

シャインマスカット 根域制限栽培

■シャインマスカットといえば今かなり人気のある品種です。これを安定的に作ることが出来ればかなりの収益が見込めます。そのために行われているのが根域制限栽培という方法です。 根域制限栽培とは育ちの悪い環境下にある土地でも簡単に果物を栽培できる方法となっています。さらに、根域制限をすることによって栽培できるまでの日数を短縮することが可能です。手間がかからない方法ではありますが自動的に水やりをするために水源を確保する必要があります。

シャインマスカット 鉢植え

■シャインマスカットはプロ向けの品種の中では、比較的栽培しやすい品種ということもあり、全国的にも多くの場所で栽培されています。糖度が高く皮ごと食べる事ができるという特徴から、消費者からも高い人気があるブドウの品種です。その一方で、薬剤を使用した処理など素人にはハーフドルが高い作業が多いため、家庭栽培としてシャインマスカットを鉢植えで栽培するのはかなり難易度が高いと言えます。初心者ではなく、ある程度栽培の腕に自信がある方におすすめの品種です。

シャインマスカット 植え替え

■鉢植えの状態で2~3年もそのままにしていると、鉢が根でいっぱいになってしまいます。そうなるとせっかくのシャインマスカットも実の付きが悪くなり、枯れてしまうことさえあります。11月~3月までの休養期間中に植え替えてあげると、またおいしい実をつけてくれます。やり方は簡単です。鉢から抜いて、古い根と絡みあってしまった根を思い切って切り、全体をほぐしてあげます。一回り小さくなるくらいに根を切っても、時期さえ間違えなければ大丈夫です。その後、できたら大きめの鉢に入れ替えてあげます。これだけのことで、またおいしいシャインマスカットを味わえます。

シャインマスカット ベランダで栽培可能か?

■シャインマスカットは鉢植えでも栽培することが可能で、ベランダや小さな庭先でも育ててぶどう狩りを楽しめます。シャインマスカットは、少雨で暖かな気候を好むので、雨に当たりにくく、日照時間の多いベランダはむしろ栽培に適した環境ともいえます。露地栽培と異なり高い位置にあるので、外注にさらされるリスクも少し減ります。また、つる植物なので手すりフェンスなどにうまく絡ませたら、ちょっとしたグリーンカーテンの役割を果たせます。



コメントする